tomodachijob
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomodachijob

私の友人の仕事を紹介します

#02 薬事職 / Regulatory Affairs

f:id:kybabm:20170413214759j:plain

 #02 薬事職 Regulatory Affairs のお仕事

 

更新が不定期ですが、今日も私の友人の仕事を紹介します。

今回は日本で薬事職をしている私の友人 やっしー のお仕事についてご紹介します。

 

この仕事の魅力は 

”私の頑張りが何万人もの人や命や人生を救うこと” です

 

薬事職とは。

 薬や医療機器は治験などを通して安全性と有効性を確認し、世に出されます

しかし正確にいえば、安全性と有効性を確認できただけでは、それらは世に出せない

医療業界や患者として医療に関わっていると、なんとなく分かることですが、私たちの健康を支える医療制度は、国の承認を得て行われています すなわち、国が安全の基準を作って、私たちはその中で暮らしています

薬事職は、国に対し、その薬や医療機器がいかに安全か、必要か、と言う書類を揃え、

国(厚労省の下にある医薬品医療機器総合機構(PMDA:Pharmaceuticals and Medical Devices Agency))とやりとりをして、性能と安全性を証明し、許可をもらい、薬や医療機器を患者さんに届けるお仕事です。

 

どんなところで仕事してるの

医薬品や医療機器を取り扱っている会社で仕事しています
海外の医薬品、医療機器企業にも存在するお仕事なので、外資系の医療メーカなら国外で仕事も可能とのこと!

アメリカだとFDA(Food and Drug Administration)とやりとりしたり、EUだとEUの国会にPMDAのような機構があるのでそことやりとりするようですよ

国とやりとりするので取り扱う薬品や医療機器の知識に加え、法律の勉強が欠かせません!やっしーも入社当初は法律の勉強にすごく時間を取られていたように思います

 

 

やっしーの職場での労働時間は  9:00~21:00!!

しかし、書類の期限など、時期にもよるらしいのでいつもこれが定時というわけではないです

給与は日本のサラリーマンの平均よりは圧倒的に良いが、費用対効果では考えたくない

と言ってます

労働時間で換算すると、大変そうな仕事ですが、

やっしーに仕事の魅力を尋ねると、とても力強く答えてくれました

 

私の仕事の魅力は、私の頑張りが何万人もの人や命や人生を救うことです

 

昨年、C型肝炎の新薬が出ました

全てのC型肝炎に効くわけでは無いようですが、実際にその薬のおかげで肝炎が治ったという方にお会いしたことがあります 

私は薬のことはよく分からないので、C型肝炎が治ることに驚いたのと、その話をしてくれたおじさんの笑顔が、本当に印象的でした

やっしーの仕事は肝炎とは関係ないけれど、きっとおじさんの笑顔に繋がっている仕事なんだと思います

 

 やっしーの他己紹介

f:id:kybabm:20170413214927j:plain

29歳

女性

薬事職 

私はわりと、自分から声をかける人間です。なので初めて会った時に、向こうから声をかけてくれたやっしーのことはよく覚えています。私の前の席に座っていた彼女は、席に着くなり後ろを振り返り、声をかけてくれました。はつらつとしてまっすぐな笑顔が素敵でした。

あれから10年以上経ちますが、この10年で擦れることなく!!!笑顔もそのままに、

変わらず声をかけ続けてくれます。

心配ごとや悩みごとの大半は聞いてもらいました。恋も仕事も友人関係も、家族の話も飼ってる猫の話まで、この10年間を支えてくれた、私の自慢の友人です。

 ※写真はイメージです 2枚目は支えてもらった感を出したかった!笑